ナガコ

日記。元コスプレイヤーによる、頭の整理の先にある、好きなもの嫌いなもの

得体の知れない何か

少し疲れたようで、体調を崩してしまい、時短で働かせてもらうことになりました。

 

色々な方が声をかけてくれて、本当にありがたい。

これを書いている今も、優しい言葉を思い出して涙を堪えます。

写真も時効でいいですか

アイコンの写真も数年前のもので。

コスプレ写真は加工してナンボだと思ってるので、加工してます。ええ、してまして。原型はある…と思う。どうだ?コスのときはフルメイクなんで、つけまつげバッチリなら今でも再現…いや、寄る年波には勝てません。もはや今の顔ではない数年前の写真に心苦しくなってきてはいるものの、変えるのがめんどくさー(本音)

 

というつらつら

スマホ依存

自分でも自覚があります。私は完全にスマホ中毒でふ。

職場でも、食事中でも、電車でも、手元にないと落ち着かない。

 

ただ、最近眼が疲れすぎ、ひいては顔がやたら冷えるという現象が。

色々調べてみると、スマホなどのデジタル画面は、脳にも身体にも良いものではないそうですね。

 

まあ何事もやり過ぎはよくないということで。

 

最近は電車に乗ると、みんなみんなスマホを除いてて、その異様な光景にハッとすることがあります。

そこで自分も手にしていることに気づいて、しばし鞄に入れて、景色を楽しんだりするのです。

元って書いちゃった。

コスプレイヤーに引退はないと思ってるんですが、

さすがに一年以上何も作らず、イベントにも行かず、となるとコスプレイヤーと名乗っていいのかなあ…と思い、

プロフィールの欄に「元コスプレイヤー」って書いちゃいました。

 

コスプレはまだまだ大好きだしやりたいですので!

 

 


性別に依る戦略

女性と男性は同じことをしても言っても、受け手にとって全く同じにはならない。
これはどんなに男女平等が進んでも変わらないことだと思います。

振る舞い
服装
口調
声の高さ

受け手が人間である限りこれは変わらないんです。

男女平等を謳うなら、男女平等が実現された世界ってどんなものか想像しなきゃ、何を目指してるかわからなくなっちゃいますよ。

本を読む

最近何冊か本を読みました。

私にとって本を読むことは日常に組み込まれているので、本を読む、と私が言うと、それは一日にだいたい2冊以上読むことを意味します。

ジャンルは何でもいきますが、最近はビジネス書を読むことは減りました。
それに比べ多くなったのが小説、歴史文学のジャンル。
学生のときは毎日読んでいたフィクションの世界に戻ってきた感覚です。
ビジネス書は数年かけて山のように読みましたが、最近は目新しいものが少なく、一冊の情報量も少ないものが増えてきているように思います。
だいたいスキルに関する出尽くしたのでしょうか。ビジネス書を読み漁った作者が知識を練り直したような二番煎じのような本が多く、手が伸びなくなってしまいました。

でもフィクションに飽きたらまた戻ってくるのかもしれません。

形容詞を口にする

会話の中で突然「あなたは怖い」と言う人がいます。

こう書くと、恐らく「ナガコは怖い人なんだな」という印象を持たれる人がいるでしょう。

私の印象は実際に接した人達が決めます。この日記ではそれはまた別のお話。



「◯◯さんは怖いね」とか「△△君は真面目だなあ」とか、仕事プライベート関係なく、ネガティブな形容詞をただ口にすることは、百害はあっても一利もありません。
(真面目、という言葉自体にネガティブな意味はありませんが、この言葉を発する人のほとんどは良い意味で使いません)
オチもないし、話も広がらない。

話の内容ではなく、年齢、性別、国籍等、本人にはどうしようもないことを重視する人にこういう人が多いと思います。

レベルが低いと思われるので、ネガティブ形容詞をオチなく乱発するのは控えることをお勧めします。